【簡単にできるDIY】日立冷蔵庫のドアが閉まりが悪い (ドアクローザー交換)

DIY

我が家の日立冷蔵庫R-S3700EVのドアの閉まりが悪いのが気になっておりました。

しっかり閉まっておらず、時々空いている状態です。

ドアの節度がないと言うかヒンジが効いていないような感覚です。

暑い季節になってきたので本格的に対応が必要だと思い調べてみることにしました。

調べてみるとパッキンが悪いから交換が必要だとか、磁石の吸い付きが悪いから閉まりが悪いといった書き込みがあったため、不具合のある冷蔵庫で確認したものの、調べた内容が原因ではないような違和感を感じていました。

電機屋で新品冷蔵庫の確認

そこで、洗濯機を物色しに電気屋に行った時に新品の日立冷蔵庫の開閉状態を確認してみることにしました。

すると我が家の冷蔵庫と違い、開閉時にしっかりした節度があります。

よく確認してみるとヒンジについているプラスチック(クローザー)がドアを閉める時に金属のヒンジに引っ掛かり、ドアが開かないような構造になっていることが分かりました。

同じくこのクローザーが開閉時の節度も出しています。

早速、自宅の冷蔵庫を確認してみるとクローザーがほとんど効いてない状態。

金属ヒンジへの引っ掛かりが弱いと言うか、ほぼ引っかかっていませんね。

原因はこれだと判断しました。

プラスチックの部品のため摩耗するのかへたりが出てくるのだと思われます。

クローザーの補修部品の調達

インターネットで調べてみるとクローザーを取り扱っている業者様を発見。

-日立の家電品部品の純正消耗パーツサイト/カデンの救急社さん

日立の家電部品のカデンの救急社 | HITACHI純正品パーツショップ(消耗交換品・リペアPart専門店)
日立家電品の部品(パーツ)の販売ショップのカデンの救急社。HITACHIPartsShopのお店です。

該当品番が分からなかったので、冷蔵庫ドア内側にある品番を確認し、問い合わせしてみるとすぐに回答がありました。

品番はR-S30ZMV ¥1,188.-

早速、注文しました。

クローザーの交換

クローザーが届いたので早速交換します。

交換はドアを外す必要があるため、まずはドアに収納している食品等をよけておきます。

次にドア上部のプラスチックカバーを取り外します。
プラスネジ1本を外せば取り外すことが出来ます。

写真の白いコネクターを外し、10mmのボルト3本を取り外します。

これで上方向にドアを持ち上げると取り外すことができます。

ドアを裏返してクローザーを留めているプラスのネジを取り外すとクローザーを取り外すことが出来ます。

 取り外し出来ました。

取り外した部品を見てみると角の部分がかなり摩耗してますね。

 早速、新品のクローザーに交換。摺動部にシリコングリースを給油。

ヒンジ側にもシリコングリースを塗っておきます。

使用したシリコングリース
コーナンで購入しました。

そして、ドアを冷蔵庫に取り付け、上部のボルト3本を取り付け、コネクターを繋ぎます。

 最後にカバーを取り付けて完成です。

クローザー交換後の開閉状態

交換作業は15分くらいでした。

開閉に節度が戻り、ドアもしっかり閉まるようになりました。

これで、しばらくは大丈夫かと思います。

しかし、構造上、摩耗が進めば同じ状況になると思われるため、定期交換が必要ですね。

DIY
スポンサーリンク
YASUをフォローする
らびだで ドゥカティ

コメント